パワーポイントのスライドショー終了後の設定について教えてください。スライドショーを自動で行う(クリックしない)設定で、終了すると黒い画面が出ます。スライドショー終了後に一番最後のスライドをそのまま残しておきたい(消えない ①【画面の解像度】設定画面が表示されました ②プロジェクター接続が正常なら画面が2つ表示されます。 PowerPoint(パワーポイント)トラブル解決:【画面が1つしか表示されない場合】 ①ケーブルの接続をやり直します ②【検出】をクリック ウィンドウズ、マック問わず、最近のパワーポイントは初期設定でワイド画面に対応したスライドが表示されるようです。最近はワイド画面に対応したプロジェクターも増えてきました。

画面の切り替えの設定とは、次のスライドに出るときのアニメーション効果です。 演出の1つなので、設定しなくても問題ありません。 PowerPoint(パワーポイント)【スライドアニメーションの設定】 パワーポイント(PowerPoint)の使い方。スライドマスターの設定、画面サイズ、比率の設定について詳しく解説しています。 注: Windows の [表示設定] が開かない場合は、次の操作を行います。 Windows 10 の場合: [スタート]、[設定]、[システム]、[ディスプレイ] の順にクリックします。上部の [ディスプレイのカスタマイズ] で、コンピューターに接続されている画面の図が表示され、各画面に番号が付けられています。 設定といっても大それたものではありません。まずは、スライドショーの設定画面を開いてみましょう。「スライドショー」タブの「スライドショーの設定」ボタンをクリックします。 すると、「スライドショーの設定」画面が表示されます。 パワーポイントで作成したスライドをめくるときの動きを「画面切り替え効果」と呼びます。画面切り替え効果にはさまざまな種類があり、パワーポイントの内容や順番によってアレンジができるのが魅力にひとつ。今回は、『画面切り替え効果』の操作や設定を含め解説していきます。