チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 タナの取り方と有効な使い分け方 」,チヌ( 黒鯛 )釣りについて、フカセ釣りや紀州釣りの魅力や釣り方のテクニックと必要な釣り具や釣り用品、魚料理レシピなどの情報を公開しています。

深いタナというのは大体5ヒロ~10ヒロくらいの間の釣りということになりますが、道糸の太さに合わせてウキを選び、沈降距離に合わせて錘を選びます。 アジ といえばサビキ釣りのイメージが強いですが、少し沖の良型を専門に狙う方法としてアジをフカセ釣りで釣るという選択も有りです。. この記事では、グレのアタリが出ない無い時に必ず試すタナ(ウキ下)の調整について詳しく解説しています。タナ(ウキ下)の調整を行う前に必ずチェックした方がいい項目を詳しく説明していますので、釣果アップに繋がるテクニックですので是非、試して頂ければと思います^^ 秋も深まるとアジの型も良型が狙えるようになり、サビキ釣りでは狙いにくい深い棚がポイントになってきます。 これから初めてフカセ釣りをされる初心者の方や、初めて道糸を購入しようとしている方は、何を基準で選んだらいいか分からず迷っている方もいるんじゃないでしょうか? この記事では道糸を選ぶ際のポイントやおすすめを紹介していきたいと思います! 深い棚になると、どうしても上からマキエをしたのではサシエとの同調が難しくなります。 カゴ釣りは、マキエカゴを狙いの棚まで持って行き、そこで餌を撒くことができるため、理に適った釣りができま …