プライベート ネットワークかパブリック ネットワークかは、[この pc を検出可能にする] のオン/オフでしか切り替えできないようです。 違いについては、Windows ファイアウオールの適用ルールに違いがあ … 1:プライベートネットワーク 0:パブリックネットワーク 未構成にする場合は値ごともしくはキーごと削除します。 クリックで拡大 「ユーザーのアクセス許可」を設定する場合は「CategoryReadOnly」というDWORD値を作成(変更)します。

Windows10ではネットワークの接続場所によってプライベートネットワークとパブリックネットワークに分かれています。簡単に言いますと、以下のように、プライベートネットワークは一般家庭や会社内のプライベートIPアドレスで構築されたネットワークです。 パソコンを新しく導入した時、初めて別の営業所に訪問した時など、オフィス内のネットワークに、無線で接続したり、lanケーブルで接続する状態になった時、そのままでは、共有フォルダーやnasなど、ローカル・エリア・ネットワーク内の共有資源にアクセスできないことがあります。 Windows10のリモートデスクトップ(RDP接続)を許可したのに、接続できない。 そんな時は「ネットワークの場所」を【プライベートネットワーク】に変更すると繋がるようになるかもしれません。 コントロールパネルを開き、[ネットワークとインターネット]→[ネットワークと共有センター]を開く。 [アクティブなネットワークの表示]が[パブリックネットワーク]なら、とりあえずプライベートネットワークに変更してみる。