こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。 「会社をつくって社員を雇うことになったんだけど、住民税ってどうなるの?」 「会社員からフリーランスに変わったら、住民税の納付書が送りつけられた!」 という方に、住民税の仕組みをざっくりとした図解でまとめてみました。 平成21年度から、公的年金からの住民税の特別徴収が開始されています。 ① 年金からの特別徴収となる方は、納税者及び年金保険者に通知します。 ② 65歳以上の方は年金所得に係る住民税を給与から特別徴収することはできません。

専従者給与が支給されている方(個人事業主のみ対 … 加えて、所得税を乙欄にすると、住民税特別徴収(給与天引き)は、御社に来ずに、主たる事業主(甲欄申告した会社)に納付書が届く可能性が高いです。 「普通徴収該当理由書」を提出し、次の理由aからeに該当する場合は普通徴収とすることができます。 a:総従業員数が2人以下の事業所(専従者・乙欄・退職者等を除く) b:他の事業所で特別徴収されている人 c:給与の支払いが不定期 普b. 他から支給される給与から個人住民税が特別徴収されている方(乙欄該当者) 普c.
住民税の徴収方法には普通徴収と特別徴収の2種類ありますがここでは、・普通徴収と特別徴収がどのような点で異なるのか・あなたはどちらの方法によって徴収されているのか・徴収方法が切り替わることがあるのかなどを解説していきます。 住民税につききましては、原則として企業が特別徴収を行う義務がございますが、例外として以下のような場合には普通徴収を適用することができます。 ・他の事業所で特別徴収している(所得税の徴収における乙欄適用者である)。 給与が少なく税額が引けない方 普d.給与の支払が不定期の方 普e.