その他; 判例; 裁判例; 今回は、医療過誤があった場合に、医師や医療機関に民事上どのような責任を追及できるのか、その法律構成にはどのようなものがあるかについ … 1.インフォームド・コンセントとは インフォームド・コンセントとは、診療に先立ち医師が患者に十分な情報を提供し、患者がその内容を理解したうえで診療について同意していることをいいます。診療にあたって患者の自己決定権を尊重するための概念といわれています。

ドイツ連邦共和国医師法中に、応招義務の規定は存在しない。しかし、連邦を構成する各州に強制加入の医師会設立のための法律が存在し、そのなかで医師会が自律的に医師「職務規範(Berufsordnung)」を制定することを義務づけている。 医師が注意義務を尽くせば危害が発生することを予見し、回避することも可能であったにもかかわらず、注意義務を怠って危害の発生を認識せず、またはその発生を回避するための処置をとらなかった場合に、医療契約上の責任、あるいは不法行為に基づく責任を負うことになります。 応召義務について(1) 医師法第19条に、いわゆる医師の応召義務(※)が規定されており、診療に 従事する医師は、正当な事由がなければ患者からの診療の求めを拒んではならない とされている。 <参考>医師法(昭和23年法律第201号)(抄) 平均的な医師、平均的な看護職に要求される注意です。 また、注意の程度は、その業務の危険性などにより異なります。 医療行為については、他人(患者)の生命・身体に危険を及ぼす恐れがありますから、より高度の注意義務が課されています。 医師には説明する義務があるのですから,患者は遠慮することなく理解できるまで医師に説明を求めて良いのです。 医師の説明義務違反による自己決定権侵害が認められた判例. としている(手段(なす)債務)(民法644条・善管注意 義務)。しかし,患者が医師に求めるものはこのような 「診療行為」にとどまらず「良い結果」であることがほ とんどである。 いずれにしても,患者との法的関係が契約によるもの 医師・医療機関の民事責任と法律構成. 誤診は、医師の典型的な注意義務違反の形態です。 治療における注意義務:典型的なものに、手術などの外科的処置にともなう注意義務があります。具体的には、手術の適応判断、術中の手技、術後管理、麻酔投与を適切に行う義務です。 医師の説明義務違反が問題となった有名な判例にエホバの証人事件があります。 (1) 医師の注意義務 判例上,医師は,「実験上必要とされる最善の注意義務」を負うとされるが,そのリーディングケースとなったのが,最一小判昭和36年2月16日民集15巻2号244頁である。同判決は,次のように判示する。 医療過誤の過失とは、医師の注意義務違反です。 注意義務には、結果を予見すべき義務と、結果を回避すべき義務があります。 医師の行った行為、もしくは行うべきであった行為に過失が認められなければ、医療機関の法的責任は認められません。 医師は賠償責任を負うことになるだろうか。 医師は患者に対して医療契約または事務管理に 基づく注意義務を負うが、その内容はその当時の 医療水準に従った医療行為が行われたかどうかで 判断される。そして、裁判所は、 医療行為が「救 診療契約に基づいて,医師には診療義務が生じる。 これは民法でいうところの「善良な管理者の注意をもって事務を処理する義務(善管注意義務)」というものである。 すなわち,医師としての知識と技能に基づいた診断や治療がこれに該当する。