厚生年金は加入条件がありますので、企業以外で満たすことは難しいでしょう。また、退職時に厚生年金と共に加入していた社会保険からも抜けることになります。 厚生年金と違い、社会保険は個人事業主なら二年間継続することもできます。 厚生年金適用事業所では、国籍や性別、年金受給の有無にかかわらず、70歳未満で常時使用されている(※)すべての従業員が被保険者の対象となります。 ※ 雇用契約書の有無に関係なく、常用的な労働の対価として給与をもらっている従業人.

いわゆる個人事業主が加入できるのは社会保険で、従業員が5人未満の小規模企業であっても、従業員は、社会保険(厚生年金を含む)に任意加入することが可能です。家族経営している自営業者の場合は、家族が従業員という方も多いと思います。 個人事業主は、基本的に国民年金に加入する義務があります。 年金q&a (厚生年金の加入(事業主)) 年金q&a (厚生年金の保険料) 年金q&a (標準報酬月額) 年金q&a (その他(嘱託として再雇用された者の被保険者資格の取扱い)) 年金q&a (資格取得時の本人確認について) 年金q&a アクセスランキング. 厚生年金保険が強制的に適用される事業所は次の事業所です。 常時従業員を使用する株式会社や、特例有限会社などの法人の事業所または国、地方公共団体; 常時5人以上の従業員を使用する個人事業所(旅館、飲食店、理容店などのサービス業は除きます。 厚生年金は、1年以上加入していれば受給資格はありますが、国民年金は10年以上加入期間があることが条件となっていますので、ご注意ください。 個人事業主が加入できる年金とは. 個人事業主の厚生年金加入条件と加入義務 .

労働者の加入条件. 厚生年金については法人が条件もなく適用事業所となりますが、個人事業主の場合にはまず従業員数5人以上という条件を満たさないといけません。 しかしその業種も重要で、 農林水産業; 飲食業、理美容業 厚生年金への加入がとくにオススメなのは、個人事業主の配偶者です。 たとえば夫が会社員(厚生年金加入者)の場合、その被扶養者である妻は第3号被保険者となることで、保険料の自己負担が不要になります。