頚椎間板ヘルニアの症状は、首だけでなく体のさまざまな部位へ段階的に進行していきます。ここでは初期・中期・後期の3段階に分けて詳しく解説しているので、痛みや症状がヘルニアの進行サインかどうかを調べてみてください。 画 数: 6画: 部 首: 首は頭の重量を支え、脳から下って体に至る神経束を保護する。さらに、首は高度に柔軟であり、頭部を回し、あらゆる向きに曲げることができる。脊柱は、頂上から底部まで、前方に向かって凸なかたちでゆるやかに(s字状に)湾曲する。 甲骨文字では一・二・三・四の数をこの形式で表す。数の「ふたつ」のほかに、「ふたたび、ならぶ」などの意味に用いる。二は書き換えられやすいので、それを防ぐために二の代わりに弐(に・貳)を用いることがある。 また弐過(にか・同じ過ちを二度繰り返すこと)・弐志(にし)、弐心(にしん)(主君や仲間にそむく心。ふたごころ)のように、「そむく・たがう」の意味に用いる。 そのほか. 首の横の回転角度で左右それぞれ60度です。60度回らないと首こりというわけではありませんが、動きの良し悪しの目安になります。 首の回転角度セルフチェック. 近年増加している「ストレートネック」とは、「スマホ首」ともいわれています。肩こりやめまいなどの症状に始まり、精神面にまで影響をもたらすこともあります。ストレートネックが引き起こす症状、自分でチェックできる方法や予防対策などをご紹介。 壁に背中をつけて立ち、肩が左右に動かないようにします。