扶養控除枠の103万は交通費込み? 来月から扶養控除内の範囲で仕事をすることになりました。 派遣で、交通費は別に支給してもらえるのですが、夫の会社では、交通費も課税対象で、交通費込で108万を超えたら扶養控除から外されるとのことでした。 パート主婦です。130万円の壁を越えないよう計算しながら働いてきました。127万円ほどだったので安心していたところ、主人の会社から交通費を含めると少しオーバーしており、12月の給与から追徴金が引かれるとのことでした。12 確定申告の際には昨年度の年収を計算するもの。そんなとき「そういえば交通費って年収に含まれるの?」と疑問に思ったことがある人は多いのでは。今回は、扶養控除の算出基準に大きく関わる、所得税と交通費の関係についてご紹介します。 扶養控除について調べると必ず出会う「103万円の壁」。年収上限はわかったものの、あれ?交通費って103万円に含まれるの??と知れば知るほど不安になっていきますよね。この記事では、「103万円の壁」における交通費の考え方について解説します。 扶養内で働く主婦は、所得税を払うことを考慮しても「130万円未満」まで年収を増やした方がお得になるケースがあります。今回は、パートで働く主婦は年収103万円以下か130万円未満か、どっちがお得なのかについてお伝えします。 パパの扶養に入っているママの中には、「収入の壁」について気になる方もいるかもしれません。今回は130万円の壁とは何か、いつからいつまでの期間の年収を見るのか、130万円を超えたら、所得税などはどうなるのか、また交通費などは収入に含まれるのかなど解説します。