ホテル、旅館共に最近多いのが「ファミリープラン」。 子供のお菓子!チョコや飴は何歳から食べられる? 子供の飲み物!コーヒーや炭酸飲料は何歳からok? 離乳食・幼児食…子供の好き嫌いの直し方・付き合い方; 子供・幼児の小食が心配な親がすべき改善ポイ … 旅館の小学生料金非常識かと思いますが、質問させていただきます。 2月に旅行に行きます。 宿泊予定の旅館は大人、子供料金と分けられており、「大人」「小学生」「幼児:布団、食事あり」「幼児:食事のみ」 というカンジで分けられていました。 家族旅行・旅育のプロがおすすめ!家族deたびいく 家族の絆、子どもの心身の成長を育む旅。子連れ旅行・家族旅行の新スタイル、学びの旅を紹介します。 ファミレスで子供に大人気のメニューと言えば、お子様ランチ。かわいい見た目に子供が大好きなメニューやお菓子、おもちゃがついてくるので、子供にとってはとても魅力的です。でも「何歳から食べさせて大丈夫?」と気になるママも多いのではないでしょうか? 【トラベルコ】子連れでも安心して旅行がしたい!そんな願いを叶えてくれる、赤ちゃんや小さな子供にやさしいおすすめの宿・ホテルを厳選しました!設備やサービスが充実したプランをピックアップ!子連れ旅行での気になるポイントも年齢別に紹介! 旅館やホテルの宿泊プラン名に「添い寝無料」と記載がある場合がありますね。澄風荘も添い寝無料をプラン名に出しています。 宿泊業界の人間にとってはこういった「業界用語」?は常識でも、普通のお客様にとっては何のことかイマイチわかりにくいですよね。 旅館の子どもの料金は、食事やサービスなど内容をしっかり吟味した上で料金を確認、申し込みをすることが大切です。 ファミリープランや、子供は一律料金という宿も. (後日、4歳になってからつけるようにした子供向けの食事も、うちの上の子にはまだちょっと多め。残した分は大人が美味しくいただいています。) 逆に、子供に食事をつけないけれど大人は食事つき、となると、大人の食事をおすそ分けすることになります。 大抵ご飯・子供用食器は無料で出してもらえますし。 足りなさそうであれば、何か1品でも追加すればよいかなと。 旅館・ホテルによりますが、2歳ぐらいだと食事も寝具(添い寝)も無料です。 あとはできれば部屋食がいいでしょうね。