沖縄の平均年収は全国でもワースト1位でここ何年も続いています。ではなぜ沖縄の平均年収は低いのか?また沖縄県内の雇用対策はどのようになっているのかを調べてみました。 沖縄で働くイメージで一番多いのが「給料が低い」「年収が低い」とよく言われますが、今の沖縄はそうでもないというのが実感です。平均年収も全国ワーストを抜け出し42位まで上がっていますし、実際に働いている感じとしても景気が良いと感じます。 こんにちは、細野です。副業やビジネスの情報発信をしていると、面白い特性に気が付きます。それは何かというと給料が安い、年収が低い地域に住んでる人が情報収集をしている事が多いということです。転職支援サービスを提供するdodaが公開しているデータ 沖縄の賃金の安さには、うんざりしますが、事業主を責める気持ちは微塵もありません。 給料が安いと文句を言いながら働いている人は、自分の意思でしょ? 私がもし事業主なら、出来るだけ安い賃金で社員を雇いたいと思いますもの!

沖縄は、全国一給料が安いと言われていますね。それには、いくつかの理由がありますが物価のほうはどうなっているのでしょうか。 正直に言うと本土と比べると高い物もあれば安いものもあり、一概に本土より高いとか安いとかは言えません。 そのため、25%増しの深夜労働手当がつく22時以降に働ける場所を選んで、給料アップに努めたものです。 と、私の話は置いておきましてw 何故こんなにも沖縄の最低賃金が低いんでしょう? 安いのにはもちろん理由があるのですが、コレ! 「給料が安い」というレベルはどのくらいでしょうか?この記事では、20代~40代を対象にした性別・学歴別・地域別・業種別の平均給料、給料が安くなってしまう理由と給料アップのための対策をご紹介 …