でもたまにスマートフォンのデータ通信速度が遅くて、不便な思いをしたことはありませんか。 この問題を理解するためには通信電波の違いも理解する必要があります。 通信電波には大きく分けて「3g」「4g」「lte」という、速度の異なった3種類があります。 「モバイル回線の3gと4gとlteの違いってなに?」や「3g・4g・lteとwi-fiの違いを知りたい」など・・・「インターネット回線の電波の種類が多くて意味が分からない!」と言われる方へわかりやすく解説し …


3g、4g(lte)は遠くにある基地局を利用して通信をするのに対し、wi-fiは近くにある無線lanを利用して通信するという違いがあります。 しかし、Wi-Fiを活用すれば、スマホの毎月利用できるデータ通信量を節約することができるので、自宅や外出先などで積極的に利用する人が多いです。



通信量を抑えたい!3gから4gにすると違いはある? もし通信量を少しでも抑えたいと 思うのであれば、 3gから4gに変更 するのも有効です。 違うところは、先ほど少しお話した 月の利用額が3gの方が 300~400円程 安くなります。

今回はデータ通信量の抑え方について、4つの方法を紹介します。ぜひ参考にして頂き、上手にパケット通信量を利用しましょう。 1.データ通信量の目安を知ろう. まずはデータ通信量の目安や、普段自分がどの程度利用しているのか確認してみましょう。