Google Chrome(グーグルクローム)はブックマークやWebページの閲覧履歴を同期させる機能を持っています。この機能を利用すれば、複数のパソコンやスマホ、タブレットでChromeブラウザの情報を共有できます。本記事では、同期方法や、同期がうまくいかない場合の対処法などを紹介します。 Chromeブックマークが勝手に消える&復活する…原因はiCloudの拡張機能だった! 解決策③:グーグルアカウントにログインして各デバイスを紐づけする .

Chromeの場合は、iPhoneのGoogle ChromeでMacのChromeと同じGoogleアカウントでログインすれば、ブックマークが同期されます。 これだけ。 拍子抜けするぐらい簡単ですね。 ブックマークバーの表示設定、icloudの設定で解決しないならば、同期が設定できているか確認しましょう。 同期をオフにしても、ブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定は引き続きパソコンで利用できます。ただし、これらの設定に変更を加えた場合、その変更内容は Google アカウントに保存されず、他のデバイスと同期されることもありません。
※ 本記事は作成時の情報を元に作成されたものです。 最新の情報に基づく記事として「【STEP-12】GoogleアカウントにログインしてPCとのブラウザ設定を共通化」を新たに作成しましたので、こちらをご覧ください。 “Chromium Built on Ubuntu 14.04,running on Raspbian 8.0”で、

Google Chromeには異なる端末間でのブックマーク同期という便利機能が用意されています。ですが、設定や使い方を間違えると正しくブックマークが同期されないこともあります。今回はChromeでブックマークが同期されない原因と対処法を紹介します。 お使いのデバイスの Chrome からブックマーク、履歴、パスワード、その他の設定が削除されることはありません。同期をもう一度オンにすると、お使いのすべてのデバイスに情報が保存されます。 ステップ 1: 同期パスフレーズを削除する
スマホでもPCでも操作感覚が近く、ブックマークを同期できる点も便利なGoogle Chrome。この記事では、Google Chromeのブックマークが同期できない場合の原因と設定方法を、スマホとPCに分けて解説 …