iPhoneのテザリングを利用した人は知っていると思いますが、テザリングの接続方法にも種類があります。Wi-Fiで接続するのか、USBで接続するのか、Bluetoothで接続するのかを選ぶことができ スマホの電波使って、どこでもインターネットが使える便利な機能「テザリング」。しかし、途中でネット通信速度が遅くなってイライラすることも。この記事ではそんなイライラを解消するために、テザリング速度が遅くなってしまう原因とその改善方法5つをご紹介します。 iphoneのテザリングの速度が遅い場合の対処方法。iphoneの強みはなんと言ってもテザリングではないでしょうか。PCやipadなどを外部で利用したい場合に非常に役立つ仕組みといっても過言ではありませ …
1 テザリングが遅い原因ランキング.
USBテザリングの方法を確認(Windows&iPhone編) Windows 10とiPhoneの場合は、WindowsにiTunesがインストールされていればOK。 iPhoneで「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」でテザリングをオンにして、LightningケーブルでiPhoneを接続します。 Bluetoothでテザリングを行う方法です。スマホでのテザリングってスマホをルーターにしてWi-Fiで接続するのが当たり前なんじゃないの?と思っている方。それは正解なのですがBluetoothでもテザリングはできちゃうんです。 1.1 第1位 携帯電話キャリアの速度制限; 1.2 第2位 周りにWi-FiやBluetoothの電波が多い; 1.3 第3位 スマホが熱を持ちすぎて、正常なネット通信ができなくなる; 1.4 第4位 契約している事業者の通信回線が遅い; 1.5 第5位 電波が届きにくい場所にいる iPhoneをWi-Fiルーターとして使用してさまざまな機種をインターネットに接続できるテザリング。Wi-Fiルーターを持ち歩かなくてもさまざまなデバイスをインターネットに接続できるので、外出先でインターネットを利用することが多い方にとっては知っておきたいスキルの1つになっています。 目次.