iPhoneを長く使用していると、バッテリーの減りが早くなってきます。 これは、iPhoneでも使用しているリチウムイオン電池が消耗品であるために生じるものです。使用している環境などにより異なりますが、一般的に500回~800回の充電で本来の80%程度しか充電ができなくなります。 iPhoneが突然再起動した、という経験はないだろうか。Gizmodoによるとこのトラブルに悩まされているのは僕だけではなく、多くのiPhoneユーザーが同じ現象に悩まされていることを知った。Innov8tivが勝手に再起動するiPhoneが試すべき対処方法をまとめていたので、紹介しておく! iPhoneのバッテリー残量が完全にゼロになっている場合、充電ケーブルを挿して充電を開始しても、iPhoneが再起動するまでには少し時間がかかります。 少し時間が経ってからiPhoneのボタンを押すと、iPhoneの画面に上の様なバッテリーマークが表示されます。 iOS13.3のバッテリーが減ったり増えたりする原因はバッテリーの消費と言うよりはバッテリー表示の問題っぽいですよね。 iPhoneの電池「バッテリー」の減りが異常に早いとiOS13.3にしてから思う方はバグの可能性が大きいため再起動では改善しない場合も多いと思います。 iPod nano の充電方法についてはこちらの記事、iPod nano にその他の問題がある場合の対処法についてはこちらの記事を参照してください。 iPod (第 5 世代) を強制的に再起動できない場合は、本体をテーブルの上に置いた状態でもう一度お試しください。 iPadで充電残量が減ったり増えたり…勝手に再起動してしまうという不具合が! カテゴリ: お役立ち情報 さきほどご相談があった内容ですが、iPadが勝手に再起動したり、バッテリーの残量が二桁になったり一桁になったり…全く使い物にならないというご相談でした。 皆さんiPhoneのバッテリーの充電残量が増えない原因と対処法をご存知でしょうか?バッテリーの交換やコンテント・ケーブルの接触不良を直す以外にも対処法は存在します。そんなiPhoneのバッテリー充電残量が増えない時の原因と対処法についてご紹介していきます。 今回はiPhoneの電源が突然落ちる・再起動を繰り返す場合の原因や対処法を解説します。 iPhoneはAndroidより安定性の高いスマホですが、バッテリーの劣化やiOSのアップデートなど様々な原因で電源が不安定になることがあります。 iPhone7のフリーズが多い原因とは?再起動・強制終了の方法をご紹介! iPhone 7; 公開日: 2018年08月31日 更新日: 2019年09月27日 iPhone7を使用中に、突然画面がフリーズして動かなくなった…このトラブルはよくあることです。 !」そんな現象にイライラする場合・・・充電器が古い「最適化されたバッテリー充電」がオンになっているこの2つの、どちらかが原因である可能性が … iPhoneを使っていて希に困るのが、“勝手な行動”。知らないうちに通信していたり、いつのまにかバッテリーを消費したり、アツアツになっていたり…。それらを防ぐために、誰でもできる簡単ティップ … 「買ったばかりのiPhone 11なのに、なぜか充電が遅い!